AR Code AR Face Filter

拡張現実QRコードを使用してレストランメニューのデジタル化


ARコードテック | 09/04/2024 |


拡張現実(Augmented Reality)は、ユーザーが自分の環境内でリアルタイムに三次元コンテンツとやり取りできる急速に進歩している技術です。

ポケモンGOでの応用で知られる拡張現実(AR)は、産業用設定でも使用され、組立プロセスの作業指示を表面に重ねるためや様々な製品や芸術作品、料理などを表示するために使用されています。この革新により、料理の3DモデルのAR表示の新しいトレンドが生まれました。

AR QRコード:レストラン業界の革命

ARコードは、スマートフォンやARメガネなどのデバイスで3D拡張現実体験を表示するために必要な重要な情報を収めたQRコードの特別なタイプです。Apple Vision Proヘッドセットなど専用のアプリケーションを必要とせずに使用できます。

AR Code Menu Burger

AR QRコードをスキャンすることで、ユーザーは3Dコンテンツをシームレスに自分の周囲の環境に統合することができます。

この多目的な技術はさまざまな素材に印刷することができ、ガストロノミー部門でも画期的な応用が見られ、レストランのメニューにこれらのコードを直接埋め込むことで食事体験に革命をもたらしています。

ARコードオブジェクトキャプチャーアプリによる拡張現実メニュー

ARコードオブジェクトキャプチャーアプリは、飲食店が自身の料理の3Dモデルを作成し、それらをAR QRコードにリンクさせることで、飲食店のメニューを革新します。顧客はこれらのコードをスキャンして料理を拡張現実で表示することができ、食事のリアルなインタラクティブプレビューを提供します。

Demo Sushi Object Capture

これにより、メニューアイテムのビビッドな表示が提供され、意思決定を支援します。レストランにとっては、モダンで魅力的なメニュープレゼンテーションで料理を紹介し、顧客を引きつけるためのシンプルで革新的な方法です。

ここでは、たこ焼きの3DスキャンとARコードの作成をデモンストレーションしています:

Takoyaki object capture

バーガーの3DスキャンとARコードの生成に関するデモは次の通りです:

Burger Object Capture

伝統的なフォトグラメトリを使用した3D料理

拡張現実は、飲食店でのダイニング体験を革新し、顧客が注文する前にメニューアイテムを没入感のある興味深い方法で探索できるようにします。例えば、拡張現実を使用して料理の3D表現を表示することができるため、顧客は料理を視覚化することができ、料理が到着する前に食欲をそそります。

料理の3Dモデルを作成するためのいくつかの方法があります。先に説明した方法は、ARコードオブジェクトキャプチャーアプリの機能を示しており、現在はiPhone ProおよびiPad Proのデバイスだけが利用できます。他のタイプのデバイスには、MacBookだけが必要な伝統的なフォトグラメトリのアプローチをおすすめします。

Japanese restaurant menu photogrammetry

この技術は、実世界のオブジェクト(この場合は料理)をさまざまな角度から複数の写真を撮影し、その後、ソフトウェアを使用して詳細な3Dモデルを作成するというものです。その結果は、食べ物が到着する前に食欲をそそる非常にリアルなものです。

Restaurant menu photogrammetry of a coffee

飲食店にとって、ARの魅力は、リアルな環境で食べ物の選択肢を視覚化する能力にあります。これは、新しい料理に挑戦することを促す、食欲をそそる魅力を創り出すことができます。 ARメニューは、テキスト、デザイン、およびその他の手がかりを提供し、飲食店のさまざまな料理を探索するのを助けます。食べ物のサイズや量の理解を高め、お客様に視覚的なイメージを提供することさえ可能です。したがって、ARはダイニングエクスペリエンスを美化するだけでなく、簡素化する役割も果たします。

これらの実装は始まりに過ぎず、AR技術が私たちの日常生活により一体化するにつれて成長することが予想されています。

AR QRコードがレストラン業界を形作っている方法

より多くのチェーンがARメニューを導入し、好評を得るにつれて、他の人々はそのような技術の欠如を競争上のデメリットと見なすでしょう。

ARメニューは宣伝を生み出し、一般的にはより頻繁に外食しない傾向のあるZ世代のダイナーを引き寄せます。これらの要因がARメニューの採用を速める可能性があり、ARメニューが世界中のレストランでの標準的な提供物となる可能性が高まります。

パーソナライズされたダイニング体験:

AR技術は、パーソナライズされたダイニング体験を提供する潜在能力も持っています。AR QRコードを使用することで、レストランは個別の好み、食事制限、アレルギーに対応することができます。その結果、顧客は考慮している料理の成分や栄養価に関するカスタマイズされた情報にアクセスできます。

マーケティングやロイヤリティプログラムでのAR QRコードの活用:

レストランは、AR QRコードを使用して、顧客の参加とロイヤリティを高めることができます。たとえば、ARコードをプロモーションキャンペーンやポイントプログラムに組み込むことで、顧客に限定のARコンテンツ、割引、または特典へのアクセスを提供できます。このアプローチは、顧客の定着を促進し、再訪を奨励するのに役立ちます。

レストランスタッフでのAR QRコードの活用:

AR QRコードは、スタッフのトレーニングと開発にも効果的なツールです。ARコードをスキャンすることで、スタッフメンバーは料理、ドリンク、または機器のインタラクティブな3Dモデルを利用でき、メニューの組み立てや提供方法の学習をサポートします。この技術は、レストラン機器の適切な清掃や保守手順のデモンストレーションにも使用できます。

AR QRコードと非接触ダイニング:

パンデミック後の世界では、非接触ダイニングがますます重要になっています。AR QRコードにより、顧客は接触を最小限に抑えたまま、メニューを閲覧し注文することができます。顧客は単にARコードをスキャンしてメニューを表示し、注文を行うだけで、物理的なメニューやその他の接触点との接触を最小限に抑えることができます。

AR QRコードを使ってダイニングの未来を受け入れる

拡張現実QRコードは、顧客とビジネスの両方に多くの利点をもたらし、レストラン業界を革新する潜在能力を秘めています。食欲をそそる3Dビジュアルでダイニング体験を向上させ、業務の効率化や顧客の参加を促進することにより、AR技術は、ダイニングを体験する方法を再構築することを約束しています。

この技術を取り入れることにより、レストランは先を見越して、新しい世代のダイナーを引きつけ、忘れられないダイニング体験を創造することができます。

よくある質問

AR QRコードテクノロジーは、レストラン業界をどのように変革していますか?

AR QRコードテクノロジーは、注文前にダイナーがメニューアイテムを3Dで視覚化することを可能にすることにより、レストラン業界を革新しています。スマートフォンでこれらのコードをスキャンすることで、ユーザーは選んだ料理の写実的な表現を見ることができ、そのサイズや量を理解し、さらには成分を探索することができます。このインタラクティブな体験により、ダイナーは新しい料理に挑戦することが促進され、ダイニング体験全体が向上します。

AR QRコードは、レストランにどのような利点をもたらすのですか?

AR QRコードは、レストランに多くの利点をもたらします。ダイニング体験を向上させ、より若い世代のダイナーを引き寄せ、テクノロジーによって推進される市場で競争力を持つことができます。顧客に与える利点に加えて、AR QRコードはスタッフのトレーニングにも有効なツールとして活用でき、インタラクティブな3Dモデルを通じて料理や設備の組み立てや管理方法を示すことができます。

AR QRコードは、非接触のダイニングにどのように貢献できますか?

非接触のサービスへの需要の高まりに応じて、AR QRコードは非接触のダイニングを実現することができます。顧客はスマートフォンでAR QRコードをスキャンするだけで、詳細な3D表現のメニューアイテムを閲覧し、選択肢を行い、注文を直接行うことができます。これにより、物理的なメニューやその他の接触点との接触を最小限に抑え、安全性と便利さを向上させることができます。

電力供給
51,642 AR experiences
給仕
182,970 1 日あたりのスキャン数
信頼されている
38405 クリエイター



始めましょう

AR Code エクスペリエンスの作成、管理、追跡を開始します。
拡張現実コード エクスペリエンスの作成と管理を開始します。

始めましょう

AR Code Object Capture
IPhone Pro または iPad Pro から 3D スキャンを使用して、あらゆるオブジェクトの AR Codeを瞬時に作成します。
AR Code Object Capture

最新のブログ投稿

facebook twitter instagram linkedin youtube tiktok
高度な機能を使用して AR エクスペリエンスを作成、管理、編集、監視します。

始めましょう